出会い系アプリのサクラに騙されるのはもう嫌だwww

出会い系アプリでサクラに騙されないように、出会い系アプリ(無料)のサクラの特徴や手口などをまとめます。サクラの意味、サクラとはの説明から始まり、サクラがいない出会い系アプリ(サクラなし)の見分け方なども書きたいと思います。参考写真付。

出会い系アプリでサクラを回避する方法は?

君主危うきに近づかず!出会い系アプリでサクラを回避する方法としてベストなのは、やはり口コミサイトなどでその出会い系アプリを使っている一般ユーザーが実際に会えているかどうかの情報を仕入れ、危うい出会い系アプリは最初から使わないのがベストだと思われる。

出会い系アプリでサクラを回避するためにしておきたいこと


  • ネットで「アプリ名 評判」や「アプリ名 口コミ」などをチェックしてみる。
  • 出会い系アプリの口コミサイトで「サクラが多い」とか書かれていないかチェックしてみる。
  • アプリのレビューをチェックしてみる。
  • アプリのレビューで「サクラがいる」みたいなことが書かれていたらインストールしない。
  • ネットで調べサクラの特徴や手口を把握し頭に入れておく。
  • 独立行政法人「国民生活センター」を見て、どのようなサクラ被害があるか知っておく。

サクラを回避する方法としては、そもそも胡散臭いアプリを利用しないに限るが、出会い系アプリは利用する前にサクラの特徴や手口を少しでも頭に入れておくといいだろう。

サクラを見分ける方法としては、サクラには出来ないことをお願いする、紙に何か書いてもらって写真を撮って送ってもらうとかあると思うが、もしサクラじゃない子にそんなことを頼むとただ変な人だと思われるだけなので注意w

独立行政法人「国民生活センター」が平成23年12月1日に発表している「悪質“出会い系サイト”における高額請求の被害-収入が得られると誘導されたサイトでメール交換-」によると、出会い系サイトに関する相談が年間3万件以上にも上るもようだが、手口が巧妙となっているようなので、トラブルに遭わないように十分に注意しよう。

サクラによる被害を未然に回避するために、これまでの相談事例を見ておくのも大切だろう。

サクラを回避する為に知っておきたいこれまでの相談事例(国民生活センターで提供されている情報より)をいくつか載せておく。

事例1


高収入の人と連絡先を交換できるというメールが届き、サイトに登録。すると、「800万円を援助する」というメールが届いた。援助を受けるための手続きとして、数千円を振り込んだが、その後、数十万円の請求をされるようになり、3日間で約180万円を振り込んでしまったが、収入は得られなかった。

事例2


携帯電話で内職情報を検索していたところ、「携帯電話があればできる、仕事は1日30分程度」という在宅ワークの紹介があったので、空メールを送った。すると、「話し相手になってくれたら800万円振り込む」というメールが届いた。内職情報サイトが紹介してくれた仕事だと思い、現金を受け取るために数千円を支払った。その後もさまざまな理由で数十万円の請求をされるようになり、クレジットカードで支払ってしまったが、収入は得られなかった。

事例3


携帯電話のサイトにアクセスした後、「援助金を800万円預かっている」というメールが届いた。受け取るためには、数千円分のポイントを購入する必要があるとのことだったので、振り込んだ。その後も、さまざまな理由で費用を請求され、合計約30万円を支払ったが、800万円は得られな
かった。

事例4


一人暮らしをしているが、生活費に困っていたところ、携帯電話に「お礼をするので、悩みを聞いて」というメールが届いた。そこで、両親が被災してお金に困っていることを打ち明けると、「30万円援助するので、お金の受取手続きはサイトの案内に従ってほしい」と言われた。その後、銀行員を名乗る人から「30万円預かっているので、ポイントを購入して手続きをするように」というメールが届いた。その後、名前、振込先銀行名、支店名、名義、口座番号等を何度も細切れに返信するよう指示をされ、そのメールを送るために約5万円分のポイントをカード決済で購入し、返信した。その後も、振り込み環境設定に関する連絡等に必要だと言われたため、所持金すべてをサイト業者に振り込み、ポイントを購入してメールを交換したが、お金はもらえなかった。さらに約3万円を請求されている。もう支払うことはできない。

こうした相談事例を読んでみると、「お金をあげる」とか「簡単に高収入」みたいな内容は注意するべきだと言うのが分かるだろう。

冷静に考えれば分かりそうなものだが、甘い話に釣られポイントを購入してしまわないようにくれぐれも注意しよう。

投稿日:2017年9月1日 更新日:

執筆者: